自毛植毛 Y-ストリップFUT

世界基準の自毛植毛の上に、独自の手法でレベルをあげたY-ストリップ法[FUT]

FUTとは、Follicular Unit Transplantationの略で、現在、世界的に主流となっている標準的な自毛植毛術です。
従来の手法は、株(グラフト)分けの単位が「毛髪(本数)」であったのに対し、 FUTは、「毛包」単位となっています。毛包単位で株分けされたグラフトは、移植後の定着率・発毛率が高いという長所があります。

Y-ストリップFUT

Y-ストリップ法[FUT] の特徴

植毛技術は自然な仕上がりを追求することで進化してきました。この自然な仕上がりを追求した自毛植毛が毛包単位植毛、Y-ストリップ法[FUT]です。当院独自の方法により、定着率がアップしました。また、ドナー採取部の傷も目立たなくなりました。

メリットデメリット
  • 自然な仕上がり。
  • 傷跡が目立たない。
  • 手術費用が割安である。
  • 広範囲な剃毛の必要がない。
  • 多量移植が容易である。
  • 傷のツッパリ感がある。
  • 熟練した医師の高い技術が求められるため、限られた医療施設でしか行えない。

Y-ストリップ法[FUT] 施術の流れ

  • デザイン

    デザイン

    デザインは植毛の命といっていいくらい重要です。どれだけ自然なラインをデザインできるかが、植毛する医師の実力です。

  • ドナーの採取

    ドナーの採取

    メスを使い、後頭部や側頭部の健康な毛髪(ドナー)を採取します。
    拡大鏡を使用しながら、毛と毛の間隙をシングルナイフでなぞり、毛根のダメージがないように丁寧にメスを進めて採取します。
    後頭部のドナーを採取した部分を縫合します。

  • 株分け

    株分け

    採取したドナーは、顕微鏡下で、毛包単位の小さな"グラフト"に切り分けます。一本一本の毛根の向きが異なるので、毛包を傷めないように手作業で慎重に切り分けます。

  • グラフトの移植

    グラフトの移植

    自然な仕上がりになるように、毛の流れや密度を考えながら、植毛予定範囲に切れ目(1mm以下)を開けていきます。
    サイズの異なるグラフトをうまく組み合わせながら、自然で密度の高い仕上がりになるように移植します。

Y-ストリップ法[FUT] の治療実績

Y-ストリップ法[FUT] 治療費用はこちら

私たちの豊富な経験で、あなたのお悩みにお応えいたします。

植毛・発毛専門 ウェルネスビューティクリニック自毛植毛センターへご相談ください。

無料メール相談 専門医師による薄毛のご相談はこちら

無料カウンセリング予約 専門スタッフによる無料カウンセリング予約はこちら

お電話でのお問い合わせご予約 フリーダイアル[携帯からもOK]0120-823-231 平日:11:00?19:00 土日祝:10:00?18:00[完全予約制]休診日:水曜日・木曜日

返金保証制度について

ウルフ脱毛

WEBお問い合わせ

無料メール相談

無料カウンセリング予約

自毛植毛センターの薄毛治療

  • メスを使わない 自毛植毛[FUE]ユニカルFUE法
  • 自毛植毛[FUT]Y-ストリップ法

大阪駅前・美容整形・ヒフ科 ウェルネスビューティクリニック

Copyright © 2013 大阪植毛 ウェルネスビューティクリニック 毛髪再生センター All Rights Reserved.